有栖川山荘

画像:有栖川山荘 画像:有栖川山荘 画像:有栖川山荘 画像:有栖川山荘 画像:有栖川山荘 画像:有栖川山荘 画像:有栖川山荘 画像:有栖川山荘

有栖川山荘とは

山庭への渡り廊下を抜けると、ひっそりと隠れ家のようにほのかに灯る明かり。
樹齢数百年の木々に囲まれた中に木造離れの一軒家”有栖川山荘”はあります。

明治初期、天皇ご来館の命を受けて、数年掛かりで釘を一本も使わず建てられました。
百年以上を経過した空間には静かでゆっくりとした時間が流れています。

夜はワインを中心としたバーラウンジとしてご利用いただいております。
ここにしかない想い出深い旅のひとときをお過ごしください。

有栖川熾仁親王

幕末に尊王攘夷派の旗頭となり、維新後は陸軍大将などを歴任して陸海軍の創設に尽力したのが四親王家の一つ、
有栖川宮家の皇族、有栖川熾仁親王(1835~1895)。
有栖川山荘は、有栖川宮家や小松宮家の皇族方が山代に逗留された折に使われ建築当時の趣をそのままに残して改装、
あらやの湯をこよなく愛された熾仁親王にちなんで拝命しました。

熾仁親王とあらやとの交流は「熾仁親王日記」にも記載されており、
明治22年お越しの際に残された直筆の「江山清趣」の大書は、今も大切に保管されています。

このページの先頭へ